Food & Recipe

【シェフレシピ】 大根とはまぐりのスープ仕立て

「セリエ・デ・ディーム」のシェフ、五木田祐人さんが教えてくれたのは、旬の大根と、これから春にかけて出回るはまぐりのスープ仕立てです。大根はおろしてでんぷんで固めて焼くと、中華の大根餅のよう。お店では伝統野菜の源助大根が使われていました。崩しながらはまぐりの美味しいスープをすわせるように、オリーブオイル香る緑の野菜と共にいただきます。

entry_photo

《材料 5人分》

  • 源助大根(大根)200g
  • コーンスターチ10g
  • オリーブオイル5g
  • はまぐり5個
  • 300ml
  • 小松菜、クレソン適量

《作り方》

  1. 大根は良く洗い、皮ごとミキサーにかける。ざっと水気を切り、コーンスターチとオリーブオイルを加えよく混ぜる。バットに流し込み中火で30分蒸す。固まったら冷蔵庫でさらに冷やし固め、器の大きさに合わせて切れ目を入れておく。
  2. 砂出ししたはまぐりは水に入れ、沸騰させてアクを取り、だしをとる。はまぐりを取りだし、身を外してスープに戻す。
  3. 食べる直前に①をオリーブオイル(分量外)で香ばしく焼き、器に注いだスープに乗せるように盛り付ける。さらに、クレソンとゆでた小松菜をエクストラバージンオリーブオイルで和え、②に乗せてできあがり。
  4.  

    コーンスターチは、とうもろこしから作られたでんぷんです。
    はまぐりから塩分が出るのでスープの味見をしっかり。味噌汁椀くらいの器に、分量を少なめに盛り付けています。
    お店ではスープにも小松菜を加え、グリーンの色合いに。お好みで量を増やしたり、お店のようにスープに野菜を加えたりとアレンジしてくださいね。

     

    五木田佑人シェフのレストランはこちらから

    セリエ・デ・ディーム(東京・恵比寿)

     

この記事が含まれる特集

【シェフのオリーブオイルレシピ】セリエ・デ・ディーム

関連キーワード

関連キーワード

関連記事

ランキング