Food & Recipe

野菜をから焼きして香ばしく

皮つきの長いもやなすは、油をしかずに、ほどよく焦げ目がつくまで焼くと、水分が抜け、ぐっと甘みが増して香ばしさがプラスされます。
香りもおいしさの要素のひとつ。かつお節とオリーブオイルで、さらに香りとうま味、コクが加わって、野菜をたっぷりとおいしくいただけますよ♪

entry_photo

【長いもとなすの焼きサラダ】

《材料 4人分》

  • 長いも200g
  • なす2本(160g)
  • ししとうがらし6個
  • しょうゆ小さじ1
  • オリーブオイル大さじ2
  • かつお節1パック(3g)
  • 七味とうがらし適量

《作り方》

  1. 長いもは皮付きのまま、8mm厚さの輪切りにし、 なすも8mm厚さの輪切りにする。ししとうがらしはヘタを取る。
  2. フライパンに長いもを並べて入れ、両面をから焼きして取り出す。なすも同様に焼き、ししとうがらしは転がしながら焼き色がつくまで焼く。
  3. ②を皿に盛り、しょうゆ、「オリーブオイル」を全体にかけ、かつお節をのせる。お好みで七味とうがらしをかける。
  4. ※1人分のエネルギー:110kcal/塩分:0.2g/調理時間:約15分

     

    長いもは、皮付きのまま使うと、風味が出ておいしいです。ひげ根が気になるときは、直火で表面をかるくあぶってください。

    このレシピは、J-オイルミルズさんのレシピサイトや、レシピアプリ「OliveRecipe」にも掲載されていますよ☆


     

関連キーワード

関連キーワード

関連記事

ランキング