Food & Recipe

来客時に重宝する、華やかな冷菜

今日はお盆の来客が多く集まったときに重宝する、とうがんを使った冷菜をご紹介します!
冷やすと味が染み込むので前日に作り置いてもOK。
和の冷菜にオリーブオイルをちょい足しすることで、フレッシュな香りとコクをプラスして、新しい味に出会えますよ。

entry_photo

【とうがんのオリーブオイル冷やし鉢】

《材料 4人分》

  • とうがん1/2個
  • むきえび12尾(130g)
  • 片栗粉大さじ2
  • えだまめ20さや
  •   (a) だし汁600ml
  •   (a) 酒大さじ2
  •   (a) みりん大さじ2
  •   (a) 砂糖小さじ1
  •   (a) 塩小さじ1/2
  • オリーブオイル大さじ1

《作り方》

  1. とうがんは一口大に切り、皮を厚めに剥き、ワタを取り除き、面取りする。
  2. むきえびは殻と背わたを取り除き、洗って水分を取る。
  3. えだまめはたっぷりのお湯に塩(分量外)を入れ、1分半~2分間茹でる。冷めたら、さやから身を取り出す。
  4. 鍋に(a)の調味料と①のとうがんを入れ、柔らかくなるまで中火で15分ほど煮る。
  5. ②のむきえびに片栗粉を和えて、④の鍋に加え、ひと煮立ちさせたら火からおろす。
  6. 粗熱がとれたら③のえだまめを加えて冷蔵庫で1時間ほど冷やし、食べる直前にオリーブオイルを回しかける。
  7.  

    あっさりした和風出汁とえびの旨味にオリーブオイルが合わさると、洋風な冷製スープのような味わいに!
    とうがんも出汁の味をしっかり吸って、とろっとした口当たりがたまりません。
    冷やしていただくので、出汁やオリーブオイルの味をしっかり感じることができます。
    むきえびに片栗粉をまぶすことで、えびをふわっと仕上げ、またスープにとろみを与えます。
    彩り豊かな冷菜なので、来客時にもぴったりなメニューです♪
    ぜひお試しくださいませ~!

     

関連キーワード

関連キーワード

関連記事

ランキング