Food & Recipe

香ばしく焼いたさんまで 

さんまを香ばしく焼いてから炊飯器で炊き上げる絶品炊き込みごはんをご紹介します。
さんまは軽くオイルを塗って塩をふってグリルで焼き、炊飯器に加える前に骨をとると炊き上がりにほぐす際に手軽です。
さんまの旨味をお米が吸って旬の味が口いっぱいに広がりますよ!

entry_photo

【さんまの炊き込みごはん】

《材料 3合分》

  • 3合
  • 油揚げ1/4枚
  • しょうが1かけ
  • さんま2尾
  • オリーブオイル小さじ2
  • 少々
  • みつば適量
  •   (a) だし汁500ml(3合の目盛りにあわせる)
  •   (a) 酒大さじ1
  •   (a) みりん大さじ2
  •   (a) しょうゆ大さじ2
  •   (a) 塩小さじ1/3

《作り方》

  1. 米は洗い水に30分ほど浸水させる。しょうがは千切り、油揚げは小さい色紙切りにする。
  2. さんまは頭と内臓を除き、4等分に切り、ペーパーで水気をふきとり、表面にオリーブオイルをぬり塩をふってグリルで香ばしく焼く。
  3. 炊飯器に米と調味料を加え、3合の目盛りまでだし汁を加え、②としょうが、油揚げを加えて炊飯する。
  4. 炊き上がったら全体を軽くまぜ、茶碗に盛りつけて三つ葉を飾る。
  5.  

    今回はさんまをグリルで焼く前にオリーブオイルで一度コーティングをしました。身がぱさぱさになるのを防止できるのと、焼き網にくっつきにくくなります。
    仕上がりに皮目を綺麗に残して盛り付けたい時に重宝します。
    もちろんオイルの旨味も一緒に炊き上げますので、お米はもっちりツヤツヤの炊き上がりになりますよ!

     

関連キーワード

関連キーワード

関連記事

ランキング