Food & Recipe

ほっと温まる、アイデアスープ

ファルシとは、フランス語で詰め物料理のこと。
ピーマンの肉詰めや、ロールキャベツなど挙げられますが、さまざまな食材を自由に組み合わせることができます。
今日は冬野菜の中でも大好きなかぶをカップにして、オリーブオイルで炒めたベーコンとしめじを詰めたファルシを作ります!
コンソメスープで蒸し煮にすれば、ほっと温まるスープのできあがりです。

entry_photo

【かぶのファルシスープ】

《材料 作りやすい分量》

  • かぶ4個
  • ひとつまみ
  • ベーコン30g
  • しめじ25g
  • かぶの葉1個分
  • コンソメ(顆粒)小さじ1
  • 250ml
  • ひとつまみ
  • 黒こしょう少々
  • オリーブオイル大さじ1+仕上げ用

《作り方》

  1. かぶの葉を根元から3cmほど残して切り落とす。かぶの皮をむき、上部をふた用に切り落とす。かぶの底を薄く切り落とす。かぶの中身を厚さが1.5cmになるようスプーンでくり抜き、全体に塩をふる。
  2. ベーコンは5mm角に切る。しめじは石づきを切り落とし、かぶのカップに入る大きさにさく。かぶの葉を小口切りにする。
  3. フライパンにオリーブオイルを熱し、②を炒め、塩こしょうで味つけする。
  4. ①のかぶのカップに③を詰め、かぶのふたをのせる。鍋に並べて置き、かぶの半分の高さまで水を入れ、コンソメを加える。
  5. 沸騰したら15分間弱火で加熱し、串が通ったら火を止めて15分蒸らす。
  6. 皿にかぶとスープを盛り、お好みでオリーブオイルをかける。
  7.  

    最後にちょい足ししたオリーブオイルで、コクとフレッシュさをプラス。
    かぶの甘み、ベーコンの塩味、しめじの出汁がしみ出し、とってもやさしい味わいです。
    見た目も楽しく、食べごたえある、ちょっと特別なスープになりました♪
    かぶを蒸し煮する時に加える水は、かぶの大きさによっても変わってきますので、
    コンソメの量も調整してくださいね。
    かぶのくり抜いた中身は、お味噌汁の具にすると◎
    ぜひお試しくださいませ!

     

関連キーワード

関連キーワード

関連記事

ランキング