Food & Recipe

生でもおいしい野菜の味わいが活きる♪サラダ感覚の炒めもの

炒めものと言っても、野菜は火を止めてからサッと混ぜ合わせて仕上げます。
余熱でちょっとだけ火を通すと、生のときよりも食べやすく、しっかりと炒めるよりも食感が残って、素材の個性が楽しめます。
ボリューム感のある厚切りの豚肉と、野菜のシャキシャキ食感、オリーブオイルの香りの組み合わせを、ぜひお試しください。

entry_photo

【ポークキャベツの香りオリーブ炒め】

《材料 4人分》

  • 豚ロース肉(ポークソテー用)4枚(400g)
  • 小さじ1
  • こしょう少々
  • キャベツ2と1/2枚(150g)
  • クレソン1束(40g)
  • マッシュルーム2個(20g)
  • 赤とうがらし(種を取る)1本
  • 「BERIO EV オリーブオイル グストフルッタート」大さじ3
  • レモン1/2個

《作り方》

  1. 豚肉は1.5cm幅に切り、塩、こしょうをふる。キャベツはヨコ半分に切ってから、タテ1.5cm幅に切る。クレソンは茎の固い部分を除いて、5cm長さに切る。
  2. フライパンに「オリーブオイル」(大さじ1)、赤とうがらしを熱し、豚肉を炒める。火が通ったら、火を止めて、キャベツ、クレソン、「オリーブオイル」(大さじ2)を加えてサッと混ぜる。
  3. 皿に盛り、薄切りにしたマッシュルームをのせ、レモンを添える。
  4. ※1人分のエネルギー: 373kcal/塩分:1.4g/調理時間:約15分

     

    キャベツは、細長く短冊型に切ると、余熱が回りやすくなり、ほかの素材と一緒に食べやすいです。

    お好みでレモンをしぼっていただくと、酸味で味わいがよりすっきりとします。

    このレシピは、J-オイルミルズさんのレシピサイトや、レシピアプリ「OliveRecipe」にも掲載されていますよ☆



     

関連キーワード

関連キーワード

関連記事

ランキング