Food & Recipe

オリーブオイルでタコライス!

「タコライス」は、メキシコ料理のタコスとご飯を合わせた新しい食べ物として、1980年代に沖縄で誕生したといわれています。タコスの皮の代わりに、温かいごはんにタコスミートやチーズなどの具をのせるもの。現在ではとてもポピュラーになり、沖縄では学校給食の定番メニューになっているとか。今回は、身近な材料で手軽に作れるタコライスレシピをご紹介します♪

entry_photo

【フライパンタコライス】

《材料 2人分》

  • 合いびき肉200g
  • 玉ねぎ1/2個
  • にんにく1片
  • レタス5枚
  • ご飯400g
  •   (a) カットトマト缶1/2缶
  •   (a) 洋風スープの素(顆粒)小さじ2
  •   (a) ウスターソース大さじ2
  •   (a) 塩小さじ1/2
  •   (a) こしょう少々
  • 「AJINOMOTO オリーブオイル」大さじ1

《作り方》

  1. 玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。レタスはせん切りにする。
  2. フライパンに「オリーブオイル」を熱し、ひき肉を炒める。色が変わったら、玉ねぎとにんにくを加えて1分炒め、(a)を加えて5分煮る。
  3. 皿にご飯を盛り、その上にレタスをのせ、②をかける。
  4. ※1人分のエネルギー:693kcal/塩分:3.6g/調理時間:下ごしらえ約2分 加熱時間約7分 (計 約9分)

     

    オリーブオイルで炒めることで、風味が増してあっさりと仕上がります。今回はシンプルにレタスだけですが、もちろんチーズ、トマト、アボカドなどお好みで加えてください。その際に、オリーブオイルをひとかけすると、さらに風味がアップします!

    このレシピは、J-オイルミルズさんのレシピサイトや、レシピアプリ「OliveRecipe」にも掲載されていますよ☆

     

関連記事

ランキング