Food & Recipe

【シェフレシピ】黒いちじくの低温コンフィ バニラとカシスの香り

「マヴォ」で教えてもらったのは、希少な佐渡産黒いちじく(ヴィオレソリレス)を使ったオリーブオイル煮(コンフィ)です。もちろん家庭では、ふつうのいちじくで作れます。砂糖は一切使いませんが、バニラとカシスが甘ずっぱく香り、そのままでもおしゃれな前菜になりますよ。

entry_photo

【黒いちじくの低温コンフィ バニラとカシスの香り】

《材料 つくりやすい分量》

  • 黒いちじく(いちじくでも可)5個
  • バニラビーンズ1〜2本
  • 塩、黒こしょう各少々
  • ハーブ、くるみ(飾り用)適宜
  • <マリナード> 
  •   (a) クレーム・ド・カシス(リキュール)15cc
  •   (a) バルサミコ酢10cc
  •   (a) エクストラバージンオリーブオイル35cc
  •   (a) くるみオイル適宜
  •   (a) 塩、こしょう各少々

《作り方》

  1. 黒いちじくはよく洗って水気をふき、皮ごと縦半分にカットし、塩こしょうする。断面を上にしてバットに並べる。
  2. バニラビーンズのさやには縦にナイフを入れて、中の細かい種をこそげ取るようにし、いちじくに散らす。残ったさやはバットに入れておく。
  3. マリナードを作る。(a)をすべて混ぜ、バットのいちじくにかける。120℃に余熱しておいたオーブンに入れ、約20分加熱する。あら熱がとれたら皿に盛り付ける。
  4. バットに残ったマリナードを鍋で煮詰め、いちじくになじませるようにかける。
  5.  

    オリーブオイルの透明なグリーンと、カシスの赤の取り合わせが美しくとても美味しそうですね。お店ではさらにカットしたいちじくにパイとチョリソーを合わせた前菜としていただきました。
    盛り付けは、お好みで、パイ、クルミ、ハーブなどを添えても美味しくいただけます。

    カシスは製菓用のピューレや冷凍の果実を売っていますが、100%ジュースを使ったり、ブルーベリーを潰して代用したりしてもよいでしょう。バニラビーンズはなければ、バニラオイルを使って下さい。くるみオイルはなくても大丈夫ですが、作り方がシンプルなだけに、素材が大事!できるだけ揃えてチャレンジしてみてくださいね。

     

この記事が含まれる特集

【美食探訪】祇園MAVO

関連記事

ランキング