Food & Recipe

ひげも甘〜い

夏のとうもろこしが収穫される少し前に出回るヤングコーン。
その名前のとおり、とうもろこしが大きくなる前の若いとうもろこしです。
葉に包まれた状態で出荷され店頭に並ぶので、新鮮な状態でいただくことができます。
とうもろこしのようにゆでて食べるのも良いですが、皮付きのまま焼いてしまうのが一番簡単!この時期ならではの旬の味覚をお楽しみください!

entry_photo

【グリルヤングコーンのパルメザンオイルかけ】

《材料 2人分》

  • 生ヤングコーン4本
  • オリーブオイル小さじ2
  • パルメザンチーズ小さじ2
  • 岩塩適量

《作り方》

  1. ヤングコーンの外側の皮を2枚ほどむき、ひげをアルミホイルで覆って魚焼きグリルで10分ほど焼く。
  2. 焼きあがったら包丁で縦に切り目を入れて皮をむく。
  3. 皿に②を盛り、パルメザンチーズ、岩塩とオリーブオイルをかける。
  4.  

    ヤングコーンの実の美味しさはもちろんのこと、特にひげの甘さを味わって欲しい1品です。皮ごと焼くことにより蒸し焼きにされたひげはとても甘く、しゃりしゃりとした食感が
    他にはない味わいです。
    そのままでも十分甘いのですが、パルメザンチーズとオリーブオイルで風味をつけると一層甘味が引き立ちます。ぜひ店頭で見かけたらお試しください!

     

関連記事

ランキング